読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビの、世界の、窓

放送局勤務→退職。中国で働いています。ここで感じたことを忘れたくないという気持ちで備忘録として書いています。テレビのこと、メディアのこと、将来のこと。色々♡^ ^

イギリス ジャコバイト

 上海に来て、ちょうど1ヶ月です。

 

私の服装をいつも見ているおばさまが

 

「〜ちゃんは、パリやイギリスよりの好みなのね」

「イタリアではないわね。でも中国では、イタリア的なものが好まれるのよ」だそうです。

 

イタリア的なファッションって?

 

シルエットがセクシーで、ボディラインがくっきりしていること 等だそうです。

パリはキュート系だそうです。

 

奥深い。

 

ちょうど、昨年の9月、私はイギリスに1人旅行していました。

9月という時期にどうしても行きたかったのは、BBC Proms

日本でいう音楽フェス。クラッシックだけれど。

 

で、ある日、ロンドンからピーターラビットの地、コッツウォルズ地方にむかう時に出会った日本人おばあさまと意気投合し一緒に行くことになりました。

 

彼女は今年もロンドンに旅行に行き、旅のご感想メールをいただきました。

 

 

 

「ロイヤルアルバートホールにBBCのPromsを聞きに行きました。

丁度その日は、エリザベス女王ビクトリア女王の在位期間を抜いて、史上最長の在位になった日。
お祝いに、コンサートの初めに、ファンファーレ付きの豪華な国家の演奏があり、皆総立ちで歌いました。感動しました。

 

God save the Queenという曲は、1735年のジャコバイトの乱の時に、イングランドの結束のために、ロンドンの劇場で、毎晩歌われて国歌として定着したそうです。

 

ジャコバイトというのはスコットランド名誉革命の後起こった王位継承を巡る対イングランドとの戦いです。
成る程、こんな所にもイングランドスコットランドの対立が見て取れると、本当に面白く感じました」

 

なるほどなぁ。

 

ロンドンでも暮らしてみたいなぁ。