読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビの、世界の、窓

放送局勤務→退職。中国で働いています。ここで感じたことを忘れたくないという気持ちで備忘録として書いています。テレビのこと、メディアのこと、将来のこと。色々♡^ ^

世界で一番大切な人

※あまり大した話じゃないので時間の無駄になるかもしれません。

お忙しい方は「役に立つ」情報ではおそらくないので読まないほうがいいかと思います。

 

 

 両親と初めてSkypeをしました。

 

「すごいね。何のツテもなくて、住んだこともなくて、言語も勉強したこともない国に行ってそうやってご飯が食べられて、仕事できてるんだね。人ってやれないことなんてないんだね」

 

と、言ってくれました。

 

でもね、全然褒めてもらえるようなことじゃないよ、お父さん、お母さん。

 

私はよっぽど二人のほうがすごいなって思っています。

 

大学までちゃんと出させてもらって、しかも就活留年までさせてもらったから5年分学費だしてもらって、心配だからと高い家賃払ってもらってね。

留年中はニューヨークでインターンしてくるからって事後報告になってしまったり、ね。

 

ようやく希望していた会社に就職して、4年目で地元に転勤になって10年ぶりくらいに実家に住むことになったのに。

 

実家に戻ってたった半年で上海に行きたい、前の年収の3分の1になるのに

辞めると言い出す私に

 

たったの一度も、

本当に一言も、

反対しなかったんです。

 

 父親は「例え、会社名が良くても中でやれている仕事がそんなに嫌ならしがみつく必要はないね」とドライブをしながら言ってくれました。

母親は、私が親戚から何か言われると思って、いつも守ってくれました。

 

「お金をもって死ぬわけじゃないから」。

「なんとかなるから。っていうかなんとかするしかないから。その時はその時考えたら良い」といつも言います。

 

 

 退職前に、多くの役員や上司に何度も呼ばれて色んなご指摘をいただきました。

 

「やりたいことは他企業に比べれば、何でもできる会社だろう。お金だって一生困らない。なのにどうして辞めるんだ。辞めてどうすんだ、辞めてやっていく力があるのか。また戻れるなんて思っていたって簡単には戻れないぞ。辞めて幸せになった人を今まで見たことがない」等々。

 

 私は、今まで両親に自分が決めたことに反対されたことがないから、初めて人に

自分の進路決定を反対されるという大変貴重な体験をさせてもらいました。私のことをそんなに考えてくれるんだ、温かい会社だなと思いました。

 

反対されて分かったことは、

「決心が鈍り、踏み出さなくなる」ということです。

 

例えば、

自由に跳び回れるサバンナに戻りたくて動物園から逃げようとするシマウマが、

他の仲間シマウマに「ここにいたら、一生食べ物には困らないし争いもないし、襲われなくて平和だぞ」と諭されて動物園にいることにした感じ。

 

そこでそれに心から納得して意思決定したならば良いと思います。

 

けれど、私は

「辞めてない人たち、やったことがない人の意見だよね」と思ってしまいました。

辞めて上海で働いている人たちが言っていることではないじゃないですか。

 

それは体験した人の話で『事実』なのか、それとも『解釈』なのかいつも考えてしまいます。

解釈を元に意思決定しないようにしています。

 

やっぱり情報って何よりも大切で自分の人生を変えるものだと思うからです。

 

 

 だから両親は「その選択の先に何があるか分からないし、反対されたから辞めたと言われた時に責任とれないから何も言わない=反対しない主義」なのだそうです。

 

すごい・・・。

 

だけど放任じゃなくて、一緒に準備してくれたり色々調べてくれたり完全サポートしてくれるんです。一番の私の応援団です。

 

私にとって世界で一番大切で、守りたいのは家族。

何かあったら、ここにある荷物全部置いてでも完全帰国するつもりです。

だから早く好きな仕事でイキイキと働きながら、

楽させたいな。

一緒にいたい時に一緒にいられる自由な時間と共に。